K-POP

MONSTA Xの2nd Single「Beautiful」オフィシャルインタビュー公開!

◆愛しい人を薔薇の花に例えた「Beautiful (Japanese ver.)」

―― 8月23日に、日本2ndシングル「Beautiful (Japanese ver.)」がリリースされますが、どのような内容の曲ですか。

【ヒョンウォン】 この曲は、「Beautiful」というタイトルがすべてを表していて、好きな人を美しい薔薇の花に例えています。その人を自分のものにしたいという想いを伝えたいんだけど、ストレートにはいかなくて苦しむ感じが、ちょっと歯がゆいというか……。

【キヒョン】 そうだね。心は熱いんだけど、感情は抑えられているんだよね。強さもあるけど、悲しさもあって、ひとつの曲の中に、相反する二つのものが混ざっている感じがします。

―― ジュホンさんとI.Mさんがオリジナルのラップ詞を書きましたが、注意して聴いてほしい点はありますか?

【ジュホン】 「中毒的症状思わずもっとHurt」って歌詞があるんですけど、Hurtは“痛み”って意味だけど、音だけ聴くと“Heart=愛”と同じじゃないですか。それで、愛と痛みの中間を表現したいと思ったんです。自分では、すごく印象深い歌詞になったと思っています。

【I.M】 出だしの部分で、愛しい人を薔薇の花に見立ててみました。薔薇を見たら“キレイだ”って思うじゃないですか。でも、うかつに触ると棘でケガをしてしまう。棘のような障害があるからこそ、より美しいと例えたところが気に入っています。

―― パフォーマンスも日本デビュー曲の「HERO (Japanese ver.)」の力強さとはまた違った、セクシーな印象ですよね。

【ショヌ】 そうですね。バキバキにハードに踊るものじゃないけど、抑えた美しさのあるパフォーマンスだと思います。今までになかった振り付けになっているんじゃないかな? ちょっと大人っぽい感じで、かっこいいと思うんだけど、どうですか?

【ウォノ】 何といっても、ジャケットを脱ぐ振り付けが特徴ですよね。でも、たまにパフォーマンス中に脱げないこともあるんですよ(笑)。

【キヒョン】 あ~、あったね。ジャケットのデザインとか、中のシャツの素材によってなかなか脱げなかったりするんです。

―― 「Beautiful (Japanese ver.)」は、MVも日本用に新たに制作したんですね。

【ショヌ】 はい。ソロシーンがあるんですけど、ひとり一人がいろいろなシチュエーションで撮影しました。それが歌詞に沿ったストーリーになっているのが見どころだと思います。撮影のときのエピソード、何かある?

【ヒョンウォン】 あります! 僕は花畑で寝そべってるシーンがあるんですけれど、本当に寝てしまいました(笑)。寝転んでカメラを見なくちゃいけないんだけど、目をつぶるほんの短い時間に眠っちゃって。僕、寝ると顔がむくんじゃうんですよ。それを何度も繰り返していたらスタッフさんに「ヒョンウォン、顔がだんだんむくんできてる!」って言われちゃって(笑)。むくんでない時のカットを使ってくれてるかな?

【ミニョク】 ジャケット写真もそうだけど、今回は、“花”がキービジュアルになっているんです。歌詞の内容に沿っていますよね。横になったり、気だるい雰囲気を見せたり、日本デビュー曲「HERO (Japanese ver.)」より、ちょっと大人っぽい仕上がりになっていますよ。

 

◆歌詞のように、すべてを捧げて愛したくなるような女性は?

 ―― ところで、「Beautiful (Japanese ver.)」の歌詞にあるような、すべてを捧げて愛したくなるような女性って?

【ヒョンウォン】 自分の母さんみたいな女性かなぁ。僕のために、本当にいろんな努力をしてくれているので。

【キヒョン】 まずは嘘のない人。そして、真心のある人。僕はよく人の目を見るんです。だって、目を見るとその人がわかるっていわれてるじゃないですか。だから、目が澄んでいる、純粋な人が良いな。

【ショヌ】 難しいですね……。でも、僕のことを本当に理解してくれる人。僕のことを理解してくれて、優しくて……、そんな人が現れたら、僕もすべてを捧げて愛したくなるんじゃないかな?

【ミニョク】 僕のすべてを愛してくれる人!

【ショヌ】 そんな人はいないだろ!

【ミニョク】 知ってるよ(笑)。でも、ショヌさんだって、同じようなものじゃん!

【I.M】 僕たちがこうやってステージに立つ一番大きな理由は、モンべべ(MONSTA Xファン)がいるからです。ステキな歌詞やメロディができたら、最初に思い浮かぶのは、モンべべで。これは、アイドルの模範解答じゃなくて、本心です。モンべべはMONSTA Xに全幅の信頼を置いて支持してくれている。僕たちのことを好きでいてくれるモンべべが、僕らの存在理由だから。

【ジュホン】 まったくその通り! 僕もI.M君と同感です。

【ウォノ】 僕も、誰か特定の人は思い浮かばないけど、それがモンベベだと考えると、すべてを捧げて愛したくなります。I.M君が言う通り、モンベベがいるから、僕が存在する。モンベベが喜ぶことをしてあげたいって思いもあるけど、それ以上に、僕がモンべべに何かをしてあげること自体がうれしいんです。

 

◆「Ready or Not (Japanese ver.)」は、僕ら自身の曲

―― カップリングの「Ready or Not (Japanese ver.)」は、頑張っている人を励ます、応援歌のような曲ですね。

【ウォノ】 この曲を最初に聴いたとき、ぼくたちが今までやってきたこと、今、自分たちがいる環境に似ているな~って思いました。僕達はまだまだ完璧じゃない。だからいろんな壁にぶち当たりながらも、とにかくチャレンジする。やらなきゃ前に進めないから。何事にも臆することなく、音楽シーンに体当たりしているというか……。すごく共感できる曲なんです。

【ジュホン】 ラップ詞も、あくまでもストレートに表現したつもりです。やるかやらないか、YESかNOか考えるのではなく、まず、君がやりたいようにやれ。自分が好きなことをやってみれば、必ず成功するよ、ということを書きました。

 

◆日本デビューで印象に残ったのは、モンベベの涙と笑顔

 

―― 5月17日に「HERO (Japanese ver.)」で日本デビューして、さまざまな日本活動を行いましたが、印象に残っていることは?

【ウォノ】 僕は日本デビュー前なんですけど、ショーケースで「日本デビューします!」って発表をしたとき、モンベベたちが泣いていたのがすごく印象的でした。その姿を見た時に「僕たち、日本デビューするんだな」ってすごく実感できて、ジーンとしました。

【ミニョク】 僕はお台場! 「HERO」のリリースイベントにたくさんの人が来てくださったんです。すごく暑い日だったのに、モンベベたちの顔は全然暑そうじゃなくて、とても幸せそうだったのが印象的で。その顔を見たら、僕もすごく幸せな気持ちになりました。

【ショヌ】 訪れた各地のCDショップに行ったり、SHIBUYA 109のポップアップストアに行ったりしたんですけれど、すごかったなぁ……。大きなCDショップの一角を僕らの作品が占めているなんて! すごく誇らしい気持ちになりました。

 

◆日本デビュー曲「HERO (Japanese ver.)」が、オリコン2位に

―― 日本デビュー曲「HERO (Japanese ver.)」はオリコン週間ランキングで2位(5月29日付)という好成績を収めましたが、「2位だよ!」って知らせを聞いてどう思いましたか。

【I.M】 聞いた瞬間は、ぜんぜん実感がわきませんでした。あとからジワジワきたというか(笑)。すごくうれしかったです。でも、成績も大切だしありがたいことだと思いますけれど、それを土台に自分たちが今までやってきたことを怠らず、さらに努力をし続けていくべきだと思いました。

【ヒョンウォン】 オリコンで2位になるって、決して簡単なことではないと思います。それだけ、日本のモンべべが僕たちのことを本気で応援してくれた結果ですよね。本当にありがとうございます。ただ最初聞いた時は、I.M君が言った通り、実感がわかなかったんですけれども、うれしい気持ちになりました! 日本ですごく良いスタートが切れたと思います。

 

◆「だから私たち、モンべべやってるんだよね!」って胸を張って言えるライブを見せる

 ―― 6月17日から、『MONSTA X, The First World Tour ‘Beautiful’』もスタートしました。

【I.M】 ワールドツアーをするっていうことは、世界のいろんな国を回るということですよね。初めて行く場所も多いし、きっとMONSTA Xを初めて見るって方がほとんどだと思うんです。だから僕たちのいろんな姿を見せたいし、僕らもそんな姿を見せたいと思っています。たとえば、僕はMONSTA Xの末っ子なので、モンべべは「かわいい」って言ってくれるんですけど、実際の僕ってかわいい? 自分ではかわいいというより大人っぽいところがあるし、セクシーな面もあるし、見てくれる人を感動させられる部分も持っていると思うんだけど……。だから、そういうところを見てほしいですね。 僕はかわいいじゃない!(日本語で)

 

―― (笑) そういうところが、かわいいのでは? 8月の日本ファンミーティングでかっこいい姿を見せてくださいね。その『MONSTA X, JAPAN Official Fan Meeting Vol.1』では、どんなことをやる予定ですか?

【ジュホン】 内容は秘密(笑)。でも、他のグループにはできない、MONSTA Xだけのかっこいい姿をお見せしますよ!

モンべべのみなさんが「だから私たち、モンべべやってるんだよね!」って胸を張って言えるくらいのステージにしますね!

 

【RELEASE】

日本セカンドシングル「Beautiful」8月23日発売

1.Beautiful (Japanese ver.)  2.Ready or Not (Japanese ver.) *CD収録曲 3形態共通

■初回限定盤A【CD+DVD】UMCE-9005/\2,100 (tax in) 

DVD収録内容 ・Beautiful (Japanese ver.) Music Video ・Beautiful (Japanese ver.) Music Video メイキング映像

■初回限定盤B【アナログサイズジャケット】 UMCE-9006/\1,900 (tax in) 

■通常盤UMCE-5002 /\1,200 (tax in) 

初回プレス分のみトレーディングカード全8種ランダム封入(メンバーソロ各7種・集合1種)

【PROFILE】

韓国のサバイバルオーディション番組「NO.MERCY」で勝ち抜いたメンバーで結成された、力強いパフォーマンスと、強烈なラップ&SEXYなボーカルを兼ね備えた7人組ボーイズグループ。

2015年5月に「Trespass」で韓国デビューを果たし、これまでにミニアルバムを4枚、フルアルバムを1枚リリース。

2017年1月「Golden Disk Awards」音盤部門で本賞を受賞。3月に韓国でリリースした楽曲「Beautiful」は日本とアメリカのiTunesで1位を獲得。「Beautiful」収録のアルバム「THE CLAN Part.2.5」は、米・ビルボード ワールドアルバムチャート1位を獲得した。

また、韓国最新曲「SHINE FOREVER」は、6月19日にリリースされるや否や、韓国国内のCD販売チャート1位、加えて、アメリカ・イギリス・フランス・ドイツ・ベルギー・イタリア・オーストラリア・シンガポール・インドネシア等世界19か国のiTunes K-POPチャートで1位を記録するなど、着実に成長を遂げている “未知の可能性” を秘めたグループ。

5月17日、ユニバーサルミュージックの新レーベルMercury Tokyoより、シングル「HERO」で待望の日本デビュー。オリコン週間シングルランキング(5/29付)初登場2位を獲得。今夏、「MONSTA X, The First World Tour ‘Beautiful’」と題した初のワールドツアーを敢行。8月に、日本では初のファンイベント「Japan Official Fan Meeting Vol.1 ~Beautiful Days~」を東名阪で開催。

【グループ名の由来】

グループ名のMONSTA Xは、MONがフランス語で“私の”、STAが“星”という意味で「私の星」という意味があり、Xは“未知の存在”を表わしている。また、MONSTAで K-POP界をたいらげる「怪物」の意味も込めている。

 

関連記事

  1. テミン(SHINee)、密着ドキュメンタリーがLINE LIVE…
  2. BTS(防弾少年団)日本初ドーム公演 決定!
  3. B.A.P JAPAN 8TH SINGLE「HONEYMOON…
  4. チャン・グンソク 「Voyage」 ミュージックビデオShort…
  5. 東方神起 ライブチケットが当たる
  6. BTS (防弾少年団)が1年半ぶりにファンミーティングに坂口健太…
  7. MYNAME(インス)初のソロ・ミニアルバム『NAKED』発売決…
  8. Wanna One 渋谷・原宿エリアを中心にラッピングトラックが…

Twitter でフォロー

PAGE TOP